ベンチャー転職の失敗例

ベンチャー転職TOP >> ベンチャー転職の基礎 >> ベンチャー転職の失敗例

ベンチャー転職の失敗例

ベンチャー企業に転職をして、成功する人ももちろんたくさんいます。しかし中には、失敗する人もいます。失敗例を見ることで、ベンチャー転職するにあたって気を付けるべきことがいろいろと見えてきます。まず注意をしたいのは、知り合いのコネを使って入社する方法です。コネを使った場合、入社はしやすいかもしれません。採用する側も知っている人の紹介であれば、気軽に入社を受け入れる傾向があります。相手が何者かをある程度把握できるからです。しかし問題は、もしそのベンチャーの仕事が自分に合っていなかったらどうするかという問題です。知り合いの人の手前、やめたくてもなかなかやめられないということも起こりえます。コネを活用するのも一つの方法ではありますが、しっかりと紹介されたベンチャー企業の情報を検討して、入社するかどうかを検討しなければいけません。

またベンチャー転職をした人の中には、前職の先輩や上司からラブコールを受けてというケースもあります。実はこのようなケースでも失敗例はあります。この紹介をしてくれた先輩や上司の評判が、社内であまりよろしくないこともあり得ます。そうするとその人の紹介で入ったあなたに対しても、あまりよく見られないという可能性があります。その結果、会社で仕事がやりづらくなって、結局辞めざるを得なくなってしまうことがあります。もし、つてで転職する場合には、その紹介してくれた人のこともきちんとリサーチする必要があるでしょう。中には、社内に居づらいために後輩を呼ぶ、というケースもありますので注意しないといけません。

ベンチャー企業の求人情報の中には、「残業少なめ」と書かれているものもあります。このコピーが魅力的に感じて、転職するケースもあります。特にサービス残業のようなメリットのない残業を強いられている人からすると、魅力的に思えるかもしれません。しかし実際に転職してみると、会社での残業がないだけで、実際にはみんなが自宅に仕事を持ち帰っていたという失敗例もあります。特にベンチャー企業の場合、少ない人員で仕事を回しているところも少なくありません。その場合には、残業などが当たり前のようにあると思った方がいいでしょう。

後悔のない転職をするためには、転職のプロのサポートを受けながら活動をした方が無難です。そのためには、キャリアコンサルタントのいる転職エージェントを利用することを検討すべきです。キャリアコンサルタントは、ベンチャー業界に精通している人が多いです。このため、業界の実情に合ったアドバイスをしてくれます。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.