ベンチャー転職のメリット

ベンチャー転職TOP >> ベンチャー転職の基礎 >> ベンチャー転職のメリット

ベンチャー転職のメリット

最近の若い人たちの間で人気なのがベンチャー企業への就職・転職です。ひと昔前では就職先というと大手企業に集中していましたが、大手企業でさえ簡単に倒産してしまう時代ですから、20代の若い世代は自分の能力を最大限に生かす場としてベンチャーを望むようになってきています。

ベンチャー企業で働くメリットと言えば、すぐに責任の大きな仕事を任せてもらえるということでしょう。大手企業で働いていると、仕事は細分化されていますから、やりがいを感じることが少なく毎日のルーティンワークをこなすことがほとんどです。大きな責任を任せてもらうようになるには年功序列の壁が立ちふさがりますから、入社してから何年も待たされることになるでしょう。一方ベンチャー企業では入社してすぐに即戦力として働いて行かなければなりませんから、悠長に何年も時間をかけて仕事をしていく暇がありません。

自分の仕事の成果次第で会社が倒産するリスクが出て来ますから、本気で迅速に仕事を遂行して行く必要があります。入社してすぐに責任の大きな仕事を任せられると嬉しい反面、とてもプレッシャーに感じてしまいますが、その分やりがいが大きいですし、自分がものすごい勢いで成長して行くのを感じることができるでしょう。仕事の達成感も大きいのがベンチャーで働く一番のメリットと言えます。

さらにベンチャー企業で働くメリットとして挙げられるのは社長との距離が近いということです。大きな会社になると社長を見ることなどほとんどないですが、ベンチャー企業であれば社長と同じ部屋で仕事をする機械に恵まれますから、直に社長と意見を交換することだってできるのです。多くのベンチャー企業の社長は慣例を嫌い、新入社員からでも意見を聞くことを期待していますから、率直な自分の意見を社長に直に伝えることができるのはベンチャー企業で働く上でモチベーションがさらに上がることになるでしょう。経営手腕を間近に見ることができればビジネススクールに行く必要もないですし、モチベーションが上がりっ放しであれば自己啓発のセミナーに行く必要もないでしょう。実際仕事をどんどん任せてもらえて裁量も多いので仕事が楽しくなる人が多いです。あっという間に一日が終わるという生活を楽しめるのがベンチャー企業で働く醍醐味と言えるでしょう。

ベンチャー企業は大変な事が多いですが、仕事のやりがいを求めるのであればおすすめです。特にIT系のエンジニアや不動産の営業職などは頻繁に募集をかけていますから、ぜひチャレンジしてみてください。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.