ベンチャー転職の履歴書

ベンチャー転職TOP >> ベンチャー転職の基礎 >> ベンチャー転職の履歴書

ベンチャー転職の履歴書

ベンチャーに転職を希望する場合、まずは書類選考をクリアする必要があります。書類選考のための準備をするときに、履歴書の作成は必要不可欠です。実際に面接で合うまでは、履歴書が皆さんの顔になると思って準備をしましょう。ベンチャー企業の採用者が「ぜひともあなたに会ってみたい」と思わせるような履歴書を作成することが、採用のための第一歩です。

履歴書を見てみると、基本的なことがクリアできていない人が結構多いようです。まず履歴書は一般的に手書きで作成する傾向があります。そこで、丁寧な文字で作成することを意識しましょう。字の上手い下手ではありません。丁寧な文字を書いているかどうかは、読んでいる人に必ず伝わります。履歴書には、いろいろな情報を記入しなければいけません。結構作成するのに時間がかかるものです。それでも、丁寧にゆっくりと時間をかけて作成したものは見てわかります。何度も履歴書を作成しているととくに、作成に慣れてしまう人が多くなります。適当ないい加減さは読む人にも伝わってしまうことをしっかりと認識しましょう。

また履歴書には、いろいろと記入する欄が用意されていることは既に紹介しました。このいずれにも何がしらの情報を記入してください。中には、特に思い浮かぶことがないからという理由で、白紙にしてしまう人もいます。しかし履歴書で空欄が目立つと、ベンチャー企業の採用担当者から「この人は本当に入社する意思があるのか?」と疑われかねません。きちんとすべての欄に情報を組み入れるようにしましょう。思い浮かばないのであれば、じっくりと考えて、何か書けるような情報がないかどうか考えましょう。また書かれている情報が正確かどうかも重要です。最初に紹介したように、面接までは皆さんの顔になる書類です。その顔が偽物で合ったら、評価を正当に受けられません。特に学歴の年数を誤って作成することが多いようなので、注意しましょう。

最近の履歴書を見てみると、写真を貼り付けられるようになっている種類が主流です。このような写真の欄が用意されている履歴書で書類作成するのであれば、写真を貼り付けることです。写真にも少し工夫を加えるようにしましょう。極力明るい印象がもたれるような写真を作成することです。少し口角を上げて、ほほ笑むような感じで撮影をするとやる気のある明るい印象の表情を作ることができます。できれば、写真屋に行ってプロの写真家に写真撮影をお願いした方が、印象の良いきれいな写真が撮れます。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.