経理職のベンチャー転職

ベンチャー転職TOP >> 職種別のベンチャー転職 >> 経理職のベンチャー転職

経理職のベンチャー転職

会社の経営の中で欠かせないものとして、経理があります。経理は、会社の日々の経済活動の中で出入りするお金の管理をする業務をさします。お金の出入りを管理することで、会社の経営状態などを把握することができます。経理の出してくるデータをベースにして、より良い経営を行っていくためにはどうすればいいかということをいろいろと分析しています。ベンチャー企業でも、経理のスタッフを募集していることが多いです。ただしベンチャー企業の経理スタッフの求人を見てみると、実務経験を持っている人だけを対象にして募集されているものが多いです。

ベンチャー企業の場合、それほど多くの人材を雇えるだけの会社の規模に至っていないケースも多いです。そこで、少数精鋭で経理の業務を担当してもらうケースも多くなります。そこで、一から経理のスタッフを育成しているだけの余裕がないベンチャー企業もたくさんあります。そこで経験のある人を採用して、即戦力として活用できるように募集しているケースが多いのです。実務経験の基準も、ベンチャー企業によって違ってきます。1年程度の経理の実務を持っている人でいいとしているものもあれば、3年以上の実務経験がないといけないとしているベンチャー企業もあります。どのような応募資格になっているのか、応募をする前にしっかりと確認をしましょう。

経理の仕事は、一般的な企業の経理業務とあまり変わりません。会計ソフトが用意されているので、そこに必要事項を入力していきます。その他には、現預金の出納業務や発生する支払いの業務などを担当することもあります。会計ソフトを使った業務が含まれますので、パソコンのスキルのそれなりにある方が対象となります。

先ほども紹介したように、ベンチャー企業の経理スタッフは少数精鋭で賄うことになります。そこでベンチャー転職の案件を見てみると、経理以外の事務業務も業務内容の範囲に含まれるケースもありますので、注意しましょう。一般事務として、会社で利用する書類の作成や管理を任される場合もあります。その他には、総務の業務を担当できるようなベンチャー転職求人もあります。備品の管理をし、必要に応じて消耗品の発注業務を担当することもあります。その他には、不動産管理事務と兼業してくれる経理スタッフが募集されているケースもあります。家賃の入金なども担当するような経理スタッフの求人もありますので、どこまでは業務範囲なのかを確認したうえで応募することが重要です。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.