経営幹部・役員のベンチャー転職

ベンチャー転職TOP >> 職種別のベンチャー転職 >> 経営幹部・役員のベンチャー転職

経営幹部・役員のベンチャー転職

ベンチャーの求人情報を見てみると、役員待遇で募集されているような案件もあります。ベンチャー企業の場合、若い人が中心となって会社設立されている傾向があります。そこから業績を伸ばして、会社の規模を成長させたところで経営のノウハウなど専門的な知識を持っている人を求める傾向が強まっていきます。そこで、役員や幹部候補の人材を募集しているケースもあります。転職を希望している人の中には、キャリアアップのために職探しを行っている人もいるでしょう。その場合には、役員や経営幹部扱いで募集されているベンチャー転職を活用してみましょう。

経営に興味を持っている人の中には、自分が経営者になることを検討している人もいるでしょう。しかし経営者になることは、どうしてもハイリスクハイリターンなギャンブル的賭けになってしまう傾向があります。一方で、ベンチャー企業でも経営陣に入ることは、経営者と比較するとミドルリスクミドルリターンな傾向があります。企業をしてもし経営に失敗してしまえば、大きな負債を背負う可能性があります。しかし会社の経営陣に入るのであれば、会社経営のリスクをとる必要はありません。しかも会社の重要な意思決定において、いろいろと意見を言えるポジションにつくこともできます。

また経営者になった場合、なかなか会社を辞められない可能性があります。ベンチャー企業のような、あまり大きくない組織の場合、トップの意向が大きな影響力を有することもあります。そうすると自分がやめたくても、残された社員のことを考えるとなかなか実際に止める行動に移せないケースも多いです。このため、とくに創業者の中には70や80になっても現役で仕事をしている人も多いです。しかし役員や経営幹部の場合、思い立った時に比較的すんなりと辞めることができます。そこでリタイアするのもいいでしょうし、まだビジネスに対する熱意が残っているのであれば自分で起業することも可能でしょう。またベンチャー企業の場合、事業に成功をすれば報酬という形できちんと返してもらえるところが魅力です。このため、事業に成功すれば、ベンチャー企業の幹部クラスになれば年収で数千万円暮らしの年収を稼ぐことも可能です。

このように最近では、自分で会社を興すくらいであれば、ベンチャー企業の経営幹部や役員として仕事をすることも検討しているケースが多いです。経営に興味を持っている人は、ベンチャー企業の経営幹部の求人を探してみるのがいかがでしょうか?

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.