営業職のベンチャー転職

ベンチャー転職TOP >> 職種別のベンチャー転職 >> 営業職のベンチャー転職

営業職のベンチャー転職

ベンチャー企業の中には、営業スタッフを担当してくれる人材の求人情報が募集されていることもあります。ベンチャー企業によって、営業の中でもどのような仕事をするのかは、変わってきます。そこで応募する前に詳しい仕事内容をしっかりと確認したうえで、応募しましょう。ルート営業といって、既存の顧客を回っていろいろな要望を聞くようなスタッフを募集する案件もあります。一方で、新規顧客を開拓する求人が募集されていることもあります。ルート営業と飛び込みの営業とでは、全く営業のスタイルも変わってきます。またベンチャー企業によって、経験者を募集しているケースもあれば、未経験者の方でも歓迎する求人情報もあります。未経験者の中には、その業界における営業の未経験者のケースもあれば、営業全体が未経験の方を対象にしているケースもあります。これらの条件も、ベンチャー転職の求人欄を確認しておきましょう。

ベンチャー企業の転職先も、多種多様です。中には、システム構築を手掛けている会社で求人が出ていることもあります。この場合には、新規システムのプロモーション活動をするスタッフが募集されていることもあります。一方で、顧客を回りニーズをヒアリングして、それに見合ったシステム構築の提案をするスタッフを募集しているケースもあります。いずれも、システム関連の専門的な知識がないとなかなか務まらない仕事といえます。

またベンチャーの営業スタッフの求人の中には、不動産関係の募集も頻繁に行われています。ベンチャーであっても、業務内容は大手の不動産会社とあまり変わりません。不動産コンシェルジュの案件が募集されていることもあります。投資用不動産として、アパートやマンション、ビルの運用に携わる仕事になります。不動産のベンチャー求人の場合、外国人を対象にしてビジネスを行っている求人もあります。この場合には、就職するにあたって語学力が必要になりますので、注意しましょう。また海外の不動産をターゲットにして、投資のアドバイスを行っていく求人が募集されていることもあります。海外の不動産債券を使った資産運用できる金融商品があります。この売り込みを行うための営業スタッフの求人情報が募集されていることもあります。

営業スタッフの求人だけでも、これだけ幅広い求人が出ています。興味のある人は、まずどのジャンルの営業で活躍をしたいのかを決めましょう。その上で、求人情報をピックアップすべきです。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.