20代のベンチャー転職

ベンチャー転職TOP >> 条件別のベンチャー転職 >> 20代のベンチャー転職

20代のベンチャー転職

転職市場で最も人気があるのが、20代後半から30代前半です。この時期の人たちは、ある一定の期間会社に就業した経験があるので、社会常識がありますし、仕事の進め方も身についています。そして比較的年齢が若いので体力がありますし、新しいことを覚えることができる柔軟性も持ち合わせていますから、即戦力が欲しい企業からして見れば、とても魅力的な存在です。一方、20代前半の人たちは採用する方からしてみれば、採用をあまりしたくない部類の人たちになります。20代前半で転職を希望する人たちを「第二新卒」と呼び、新卒で採用された会社を短期間で辞めてしまった人ということで、あまり採用担当側は興味を持たないのです。

20代前半の人の転職活動はどの業界でも、かなり難しい状況に陥りがちですが、ベンチャー企業では話が違います。ベンチャー企業では経歴などはあまり重視せず、人物重視の採用を行いますから20代前半の第二新卒の人でも十分にチャンスがあります。特に残業や休日出勤など、ベンチャー企業では労働時間が長いところが多いので、体力のある20代前半の人材はまさにきて欲しい人材なのです。ベンチャー企業では色々な仕事をこなさなければならないので、第二新卒のように、あまり前職のしきたりやルールが体に染み付いていない人ほど、逆にベンチャー企業に早く馴染むことができるので魅力的にさえ映ります。ベンチャー企業では従業員の平均年齢が20代というところも多いですから、第二新卒の人にとっても馴染みやすいでしょう。

ベンチャー企業はフランクな企業風土のところが多いので、20代の人にとってとても働きやすい職場です。大企業とは違い、社長との経営陣との距離が近いので、日々の仕事をしながら、経営を目の当たりにすることができます。ベンチャー企業で働くと気力・体力が必要ですが、一つの目標に向けて社員が一丸となってがむしゃらに働くという経験は何物にも変えがたい貴重な経験となるでしょう。20代でベンチャー企業に転職し、このような貴重な仕事人生を若いうちに経験することで、その後の人生が大きく変わるかもしれません。

20代でベンチャー企業に転職するのであれば、将来自分がどのような仕事をしたいとか、新しくビジネスを始めたいとか、自分なりの目標を持ってチャレンジしてみるとより実りあるものになりますから、ベンチャー企業に転職した後のことも考えて転職活動をしてみてください。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.