40代のベンチャー転職

ベンチャー転職TOP >> 条件別のベンチャー転職 >> 40代のベンチャー転職

40代のベンチャー転職

一般的な転職傾向として、年齢が上になればなるほど転職は厳しいといわれます。確かに年齢が上になってしまうと、なかなかここから転職先の仕事の流儀を学ぶことが難しくなる恐れがあります。今までの価値観に拘束される傾向があるからです。またたとえば、上司が自分よりも年齢が下ということもあって、お互いにやりづらさを感じるので採用を控える傾向もあります。40代に差し掛かってくると、転職に興味があっても実際の行動にはなかなか起こせないという人もいるでしょう。しかしベンチャー転職に関しては、40代であってもまだまだ転職できるチャンスはあるといえます。

ベンチャー企業の求人動向を見てみると、年齢とか業種といったことに対してあまりこだわりを持っていない求人が多いといわれています。実際、未経験者でもベンチャー転職に成功している事例はたくさんあります。ベンチャー企業の場合、年齢などの条件よりもどれだけの熱意を持って仕事にあたってくれるかというところを重視する傾向があります。また、ベンチャー企業を見てみると、全体的に働いている人の年齢が若い傾向があります。このため、年齢が上で、あるジャンルのスペシャリストを求める傾向もあります。ですから、40代であっても、採用される可能性は十分にあると思ってください。

ただし、40代の方がベンチャー転職をする場合には、転職活動するにあたって戦略をしっかりと練る必要があります。ベンチャー企業では、大企業と違った能力を求める傾向があります。その中でも、体力や気力などが求められる傾向があります。ベンチャー企業の場合、人手不足に陥っているところが多いです。そこで仕事量が多くなって、残業が長くなるとか、休日出勤をしないといけなくなることもあります。体力的にも精神的にも、少しタフな環境の中で仕事をしないといけなくなると思っておきましょう。またベンチャー企業では、いろいろと業務の環境が変化する可能性も大いにあります。そこでこの変化に対応できるような柔軟性を持った人材を求める傾向があります。

40代になってくると、この体力や気力、変化に対する柔軟性が劣ると思われる傾向があります。このマイナスの部分をどう補うのか、そして自分には体力も気力も、変化への対応力も持っていることをいかにアピールするかが、転職活動では重要になります。そのためには、面接対策をしっかりと行う必要があります。転職エージェントを使えば、キャリアコンサルタントが面接にあたっての注意事項をアドバイスしてくれます。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.