中国語を使うベンチャー転職

ベンチャー転職TOP >> 条件別のベンチャー転職 >> 中国語を使うベンチャー転職

中国語を使うベンチャー転職

ひと昔前では英語が話せると転職市場で大変有利でしたが、グローバル化の進んだ現代ではほとんどの人が英語を話せますし、あるいは話せるまでは行かなくても、ある程度のコミュニケーションが取れる人がほとんどですから、英語が話せることが転職市場でそれほど魅力的に映らなくなりました。ましてや日本で働く外国人たちは流暢な日本語を話すことができる人が多いですから、外資系企業でも英語を使う必要がないケースもあります。そんな転職市場で今ひときわ人気を集めているのが中国語を話すことができる人材です。中国は今や世界第2位のGDPを誇り、日本企業だけでなく世界中のあらゆる国の企業が中国に工場や支店を置いており、この傾向はしばらく続くことが予想されていますから、英語だけでなく、中国語も話せた方が転職市場にかなり有利になります。

中国語が話せる人材を欲しがっているのは何も大手企業だけではありません。ベンチャー企業の中には早い段階から中国に現地法人を立ち上げるところが少なくないのです。特にIT業界や製造業、サービス業では中国でのビジネスに力を入れており、今後もこの勢いは止まりそうにありません。多くの日系企業では中国人の採用も積極的に行っており、もともとダイバーシティをモットーとしている最近のベンチャー企業でも中国人の採用に力を入れています。

中国の現地法人のマネージャーに中国人を採用しても良いのですが、日本本社との連携や日本企業の衰退化を回避する為にも、あえて中国の現地法人のマネージャーには中国語のわかる日本人を採用したいというのが、どの会社でも本音です。今でも高い成長率を誇る中国で、ダイナミックな仕事を自分の裁量を存分に生かして仕事をしたいのであれば、中国語を武器にしてベンチャー企業にチャレンジすると良いでしょう。

自己主張をしっかりして、仕事に大変貪欲な中国人と仕事をすれば、最初は戸惑うことが多いですが、その分大きな刺激を受けることは間違いないです。違う文化の人と一緒に働くことで自己主張の大切さや、常に前に進もうとする豊かなチャレンジ精神を育むことができます。チャレンジ精神は今の日本人に欠けている要素ですから、中国人と一緒に仕事をすれば否応無しに自分が成長して行くのを感じることができます。思いっきり仕事をしたいのであれば、成果が如実に現れるベンチャー企業がおすすめですし、大きなビジネスチャンスがまだ残っている中国で働くことを視野に入れて、転職活動をしてみてください。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.