英語を使うベンチャー転職

ベンチャー転職TOP >> 条件別のベンチャー転職 >> 英語を使うベンチャー転職

英語を使うベンチャー転職

ベンチャー転職の求人は、いろいろと出ています。その中でも、募集している人材に関して様々な条件を付けている求人もたくさんあります。たとえば、英語力を持っている人を対象にして求人を出しているベンチャー企業もあります。その中にはまず、秘書業務を担当してくれる人の求人が募集されていることがあります。秘書業務は、実に多種多様な業務を柔軟にこなしていく必要があります。社長などのスケジュールの管理や書類の作成業務などが挙げられます。その他にも来客があれば対応をする必要があります。

この来客対応の中で、英語力が要求されることがあります。ベンチャー企業の中には、海外をターゲットにして業務を行っていることもあります。その場合には、外国人の方が来客することもあるかもしれません。また電話がかかってきた場合には、応対するのも秘書の仕事になります。この場合も海外からの電話がかかってくる可能性があります。この場合には、英語で対応しないといけません。英語力の他にも秘書の場合、資料作成などの仕事が先にあげたように、含まれてくる可能性があります。このため、パソコンスキルもある程度持っていないといけません。少なくてもワードやエクセルは利用できるようにしておく必要があります。また秘書業務の求人を見てみると、秘書経験のすでにある人を対象にしている募集もありますので求人条件をきちんとチェックしてから、応募することです。

医療機器を取り扱っているベンチャー企業の中には、英語力を持っている人材を募集しているケースもあります。医療関係の会社を見てみると、外資系企業が結構多いです。このため、取引をする医療ベンチャー企業でも語学力を持っている人材を求める傾向があります。このような求人に応募する場合には、英語力の他にも医療関係の知識やスキルを持っていることが条件となるケースもあります。ですから、応募条件をしっかりと確認しましょう。

英語力といっても、ベンチャー企業によって求められるレベルは大きく変わってきます。中には、高いレベルのビジネス英会話のできる人を求めるようなベンチャー転職の案件もあります。一方で、英語のビジネスメールのやり取りができる人であればOKといった求人情報が募集されていることもあります。応募をするときには、どの程度の英語力が要求されているベンチャー転職の求人なのかを確認する必要があります。転職エージェントに登録すれば、キャリアコンサルタントが皆さんに適した求人を紹介してくれるはずです。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.