年収1000万を目指せるベンチャー転職

ベンチャー転職TOP >> 条件別のベンチャー転職 >> 年収1000万を目指せるベンチャー転職

年収1000万を目指せるベンチャー転職

30歳になるまでに年収1000万円を目指すのであれば、大手の銀行や商社など有名企業のサラリーマンではないと不可能と思いがちです。しかし実際にはベンチャー企業に転職した人の中には20代で年収1,000万円超えた人が続出しています。大手企業では年収がアップするのには年功上列がありますが、ベンチャー企業では外資系企業のように能力主義なところがあるため、上司よりも先に年収が1,000万円を超えることも夢ではありません。

大企業で働いていると、業務が細分化されているので、仕事をしていても大企業の歯車にしか思えないことが多いのですが、ベンチャー企業で働いていると、様々な業務を自分でこなさなければならない分、自分の仕事が会社の役に立っているという実感を得ることができます。仕事を自分で見つけて成果を出して行けば出した分、報酬としてお給料がもらえるので、仕事の楽しさを感じることができます。毎日仕事が多くて長時間労働になることがほとんどですが、その分結果が出ると報酬として結果がついてくるので、仕事の面白さを感じることができるのが、ベンチャー企業の良さでしょう。

多くのベンチャー企業が導入しているのがストックオプション制度です。ストックオプション制度は新株予約権のことで、多くのベンチャー企業が採用した従業員に対してストックオプションを福利厚生の制度の一つとして提供しています。ストックオプション制度を従業員に提示することで、従業員は仕事に対するモチベーションが上がります。自分が仕事を頑張ることで、会社が成長し、そして株価が上がれば、年収1,000万円をはるかに超える高額収入を得ることができます。万が一、株価が下がったとしても、権利を放棄してしまえば良いだけで従業員には何のデメリットはありません。ベンチャー企業側もストックオプションなら、給与のように資金を準備する必要がないので、大変お得な制度として大きな魅力となっているのです。

ベンチャー企業では能力主義の傾向が強いので、結果を出せば入社間も無い人でも年収が1,000万円を超えることができます。しかし高額収入だけを目的にしてベンチャー企業に転職するのはもったいないですし、仕事を続けていくことは難しいでしょう。ベンチャー企業の良いところは、これから自分の会社が伸びていくという期待感があるということです。自分がベンチャー企業に入ってどのような仕事をしたいかを吟味して転職先を見つけてください。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.