大手企業のベンチャー転職

ベンチャー転職TOP >> 条件別のベンチャー転職 >> 大手企業のベンチャー転職

大手企業のベンチャー転職

ベンチャー企業に転職する人の中には、大手企業で働いていた人も少なくありません。大手企業からベンチャー企業に転職をしている人を見てみると、転職してよかったと感じているケースは少なくないようです。なぜかというと、大手企業にある理不尽さが、ベンチャー企業で感じられることは少ないからです。

大手企業に勤めている人の中には、常日頃から理不尽さを感じる人もいるのではないでしょうか?大きな会社になると、いろいろな矛盾を抱えていることがあります。そうすると、例えば正しいことを社内でやろうとしていても、評価されないことも起こりえます。その他には、自分の能力の発揮されるべきところと全く違った部署で仕事をやらされている人なども出てきます。このような人は、大手企業で働くことに嫌気がさしてしまってやめるというケースも耳にします。また、大手会社のように多くの人数が働いているところを見てみると、派閥が構成され、属する派閥によって、会社の評価が全く変わることなどに嫌気がさす、という話も耳にします。

ベンチャー企業の場合、大手企業で起こりうる理不尽さが起こりにくいと言われます。理不尽とは、会社の経営にプラスにならないことをさします。多少の理不尽さがあっても、大手企業の場合ぐらつかないほどの経営基盤を持っているかもしれません。しかしベンチャー企業の場合、まだ会社組織がしっかりとしていません。このため、理不尽さを抱えていれば、会社自体がなくなってしまう恐れがあります。またそのような理不尽なことをしている人を雇っていられるほどの経済的な余裕もベンチャー企業にはありません。このため、大手企業と比較するとベンチャーの方が仕事に専念でき、働きやすいと感じる人が多いわけです。

大手企業ではよく、ほかの部署のやり方を裏でいろいろと批判をするケースもあります。飲み屋で上司や先輩の悪口を肴に話をしたことはありませんか?ベンチャーの場合、他人の悪口を言っている暇はありません。全員が戦力として機能しないと、会社がつぶれてしまうからです。そこで他人の批判をする前に、自分で改善できるところをどんどん改善していく必要があります。

ただし大手企業からベンチャー転職をするときには、注意すべきこともあります。それは、同じ業界で転職したとしても、自分の今までのやり方が通用しない可能性がある点です。大手企業からベンチャー転職する人の中には、指導してやろうという気持ちを持っている人もいます。しかし逆に、最初から皆さんがベンチャーのやり方を学ぶ姿勢を持つべきです。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.