ストックオプションがあるベンチャー転職

ベンチャー転職TOP >> 条件別のベンチャー転職 >> ストックオプションがあるベンチャー転職

ストックオプションがあるベンチャー転職

ベンチャー企業の求人情報をチェックしてみてください。そうすると、ストックオプションという言葉が掲載されていることはないでしょうか?特にITベンチャー系の企業の募集の中で、ストックオプションが記載されていることが多いようです。福利厚生のところに記載されていることが多いです。ストックオプションとは、新株予約権のことをさします。一定期間内であれば、一定の価格で株式を購入できる権利をさします。ストックオプションをつけることによって、社員のモチベーションをアップする効果が期待できます。このため、求人募集を出すときに、ストックオプションをつけるベンチャー企業は増加傾向にあるといわれています。

ストックオプションを具体的な事例でみていきましょう。就職した時に、あるベンチャー企業の株式を1株1万円で購入できるストックオプションの権利をもらったとします。その後株価が上昇して、1万5000円になったところでストックオプションの権利を行使したとします。そうすると、1万円で購入でき、かつすぐに売却をしてしまえば1万5000円で売れるので、1株当たり5000円の利益が得られます。場合によっては、株価が値下がりをして9000円になってしまったとします。

そしてオプション行使の期間内に1万円まで持ち直すことができなければ、その権利を放棄することも可能です。つまりストックオプションとは、少なくてももらった人は損をすることがないシステムになっているわけです。また会社にとっても、ストックオプションはメリットがあります。給料や手当となれば、会社自身で資金の工面をする必要があります。しかしストックオプションの場合、あくまでも利益が発生するのは金融マーケットにおける取引です。つまり会社が、資金をねん出する必要は一切ないわけです。この部分が、余計なコストがかからないということでベンチャー企業の間で人気になっているわけです。

会社の株価がアップする要因として、いろいろなことが考えられます。しかしその中でも、会社の業績がアップすることは、欠かせない要件ではないでしょうか?つまり自分が頑張って会社の業績をアップするような仕事ぶりを見せれば、ストックオプションを行使してより大きな利益を確保することもできるわけです。つまりストックオプションのついているベンチャー転職をすれば、より仕事に対して高いモチベーションを維持できるようになるわけです。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.