ベンチャーに強い転職エージェントランキング

ベンチャーに行くべきか大手にいくべきか・・・

転職の時に考える大きな二択「ベンチャーに行くか大手に行くか・・・」。大手=安心という神話は昭和の発想です。今は自分の人材価値を上げて実力で評価を勝ち取る時代です。年功序列の時代は終わりました。そういう意味でやりがいを求めベンチャー企業へ転職を考える人が増えています。年収も驚くようなベンチャーも増えています。

とはいえ転職先を自力で見つけられるかというとそう甘くはありません。特に人気のベンチャーなどは転職エージェントなしには会社に入れないことが多いです。転職エージェントはアナタの人材の価値を最大限評価してもらえるようにサポートします。ベンチャー企業への転職を成功させるノウハウも公開しています。ベンチャーを目指すならここが第一歩です。リクルートエージェントはベンチャーへの転職支援では群を抜いた実績です。

ベンチャーに入る場合に登録すべきサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ・リクルートエージェントはリクルートグループが運営している転職エージェントで1位を独走中。
  • ・ベンチャー企業をはじめとして屈指の求人数を誇っています。ベンチャー転職支援はお手の物です。
  • ・都市部だけでなく地方のベンチャー企業の求人にも強く、常時5万件以上の求人を紹介しています。
  • ・今までに30万人を超える人材の転職に成功した実績もあります。ベンチャーからの信頼も厚い。
  • ・非公開求人の中には、隠れた優良なベンチャー企業が隠れていることもあります。株価急騰企業も。
  • ・キャリアアドバイザーは業界に精通していて、今後有力なベンチャー企業の情報も把握しています。
  • ・ストックオプションがもらえる会社、特徴的な福利厚生の会社(会社2駅以内に住めば家賃手当など)
     上場間近の会社、役員登用の可能性がある会社など色んな条件でお好みのベンチャー企業を選べる!
マイナビエージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ・マイナビエージェントはベンチャーからの信頼度で業界上位で当サイトでも2位を長期維持中です。
  • ・サービス系やオフィス系といった感じで、業界ごとに特集が出るところも魅力といわれています。
  • 求人検索機能が充実していて、自分の働きたいスタイルにターゲットを絞って情報収集できます。
  • 32000件を超える求人情報が紹介されていて、ベンチャー企業の求人も多数抱えています。
  • ・転職希望者をバックアップしてくれ、必要に応じて個別相談セミナーも開催してくれます。
  • ・転職コンサルタントはベンチャー出身のものもおりアナタの悩みを同じ目線で解決できるかも?!
  • ・「サイバーエージェントに入りたくて秘書採用で入社できた(元銀行勤務・20代女性・転職初めて)」
     「GreeかDeNAでエンジニアで入り年収が1.3倍に(元フリーSE・30代男性・転職2回目)」など。
type転職エージェント
利用料金 無料
転職可能エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉
ベンチャー適性 ★★★★★
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ・typeは現在注目を集めている転職エージェントをさします。都内のベンチャーからの信頼は◎です。
  • ベンチャー企業に強いパイプを持っているので、多少わがままな条件でも対応してくれます。
  • ・求人の紹介だけでなく、職務経歴書の書き方や面接対策もしてくれます。ベンチャー向け指導も。
  • ・2週間程度で第一希望のベンチャーと面接ができそれから3日で転職先が見つかった人もいます。
  • ・ベンチャー=低年収ではない!利用者の70%が年収アップを実現し経済的にもホクホクに?!
  • ・「社員10人以下のスタートアップベンチャーで役員待遇で入社できた(元商社勤務・20代男性)」
     「EC関係のメディアプランナー希望で化粧品ECサイト会社に入社できた(元アパレル・20代女性)」
     「ストックオプションが出る会社で成果報酬型の営業で入社できた(元金融営業・30代男性)」など。
DODAエージェントサービス
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★★
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • 常時4万件を超える求人情報が提供されています。そのうちベンチャーも非公開で多数です。
  • キャリアの公開は匿名で実施できるので、個人情報の漏えいなどを心配する必要もありません。
  • 35000件を超える非公開求人も取り扱っていて、優良なベンチャー企業の求人も見つかる。
  • ・(実はDODAはサイト運営者自らが利用した経験があります。その時は都内の金融機関に勤めていて
     ITベンチャーに転職したくて色々な案件を紹介してもらいました。楽天やサイバーエージェントなど
     ITベンチャーの大手から、今では大きくなりましたが駆け出しのGreeなどのスタートアップの
     ベンチャーなど幅広く紹介してくれました。いわゆる「ITベンチャー転職」に強い印象です。)
キャリコネ
利用料金 無料
転職可能エリア 全国エリア可
ベンチャー適性 ★★★
公式サイト 詳細
  • 【当サイトがお勧めするポイント】
  • ・キャリコネはベンチャー転職をはじめとして、いろいろなこだわりの求人を検索できます。
  • ・メールやRSSを使って最新の求人情報を受け取れるので、仕事をしながら転職活動も可能です。
  • ・営業マン工房といって、ベンチャーの営業マンになるためのサポートサービスがあります。
  • ・勤務地や価値観、キャリアビジョンをベースにして、希望するベンチャー企業が見つかるはずです。

ベンチャー転職理由で多いものは?

大学を卒業して就職するときに、大企業への就職を希望する人が多いです。やはり大企業であれば、経営基盤がしっかりとしているので安定した収入を稼ぐことが可能です。また大学生になっても最近の世代を見てみると、親の影響を強く受ける人も少なくないようです。そこで、親が安心するといった理由でまずは大企業に就職する人も多いです。しかし最近の傾向を見てみると、大企業からベンチャーにしばらくして転職する人も多くいます。ベンチャーへの転職理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

転職理由を見てみると、「今働いている会社が合わないと思ったから」という理由の人が多くいます。大企業の場合、細かく仕事が分けられている傾向があります。そうすると、狭いことに集中して仕事をすればいいため、比較的早く自分の業務のやり方はマスターできるかもしれません。しかし一方で、自分のやっていることがどう会社に貢献しているのか、見えにくくなってしまう傾向もあります。そこで自分の存在意義などがわからなくなってしまい、仕事に対してのモチベーションが低下してしまう人もいるようです。ベンチャーのいいところは、まだそれほど会社に人材がいないところにあります。このため、より大きな仕事を任されることになります。大変かもしれませんが、結果を出せばよりはっきりと会社に対して貢献したことを実感できるわけです。このやりがいを求めて、ベンチャー転職をする人は多いようです。

またある程度のキャリアを積んだ20代後半から30代前半の人は、「自分の仕事に対する給料に納得いかない」ということが転職理由になることも多いようです。ベンチャー企業の場合、きちんと結果を出せれば給料はどんどんアップする傾向があります。実際ベンチャー企業で勤めている人の中には、20代で1000万円以上の年収を稼いでいる人もいます。大企業で仕事をしていて、どんなに能力のある人でも20代で1000万円の年収を稼ぐことは、ほぼ不可能といっていいでしょう。自分の仕事の価値に対して、正当な対価がほしいと感じている人はベンチャー転職を目指す傾向があります。ただしベンチャー企業は、能力主義がより濃く出てくることも頭の中に入れておく必要があります。能力のある人は、高年収を稼ぐこともできるかもしれません。しかし能力のない人は、収入が自分のイメージしているほどに伸びない可能性もあります。このようなリスクもしっかりと想定して、ベンチャー転職を検討すべきです。


Copyright (C) 2013-2018 ベンチャーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.